カレンダー

<<前月 2018年10月 次月>>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

ブログとは

ブログイメージ

このブログでは、市場の中を歩き回って見つけた旬の食材や旨いもん、市場で働く人達のちょっといい話やオモシロイ話。中央市場の料理教室の様子、そしてちょっぴり自分の思いや個人的な近況などなど思いつくままに随時更新していきます。 神戸の市民のみなさんと中央市場の人たちとをつなぐような楽しいブログになればいいなと思っています。

ブログとは

性別:女性
血液型:O型
性格:おおざっぱ
趣味:自転車とダイエット
中央市場のPR、料理教室の企画・運営などを行っているマーケットピア神戸株式会社の担当者です。

ブログ

 

魚のさばき方と魚料理のコツ〜太刀魚



今日の山嵜先生の「魚のさばき方と魚料理のコツ」は

ステップアップ編の1回目。

どんな料理にも合う淡白な白身が人気の太刀魚です。




美しく流れるような銀色の身体とこの鋭い歯。

もしも噛みつかれたらと想像しただけでも痛いです。




今日は刺身と唐揚げ、

骨はカリッと骨せんべいにして召し上がっていただきました。



次回は10月29日

「サワラ」になります。

リニューアル記念!自分で作るお魚定食
しばらくお休みをいただいていました

辻千里先生の

「自分で作るお魚定食」が復活!



今回は、リニューアル記念ということで、ちょっと張り込んで、

サンマより立派なイワシと

海老のWフライ定食です。




普段はお魚食べないという子どもさんも

自分で作ったお魚定食はしっかり完食。


あちこちで「美味しい〜」と

心の声が漏れていました。



次回は11月17日

さばの味噌煮定食です。



からだにやさしい重ね煮教室


今日は森先生の「からだにやさしい重ね煮教室」

講義でしっかり理論を理解して

実践でさらに深めていく講座です。



八宝うま煮



春雨スープ



焼き大学芋




次回の重ね煮教室は12月20日です。

りんごを使って親子ケーキ教室



今日の親子ケーキ教室の果物は「りんご」

そして作るのは、

「りんごのクランブルチーズケーキ」



クランブルとは以前にもご紹介しましたが

ケーキの上に乗ってるモロモロのポロポロのことです。

子どもたちでも失敗なく簡単に作れて、

何より見た目が本格派。

味もケーキ屋さんに負けてません。






講師のスタッフが、毎回新作ケーキを考えてくれてます。

次回は11月10日、洋梨のタルトです。


ごはんと仲良し 手作りサバ味噌
新鮮なサバを塩講時に付け込んで一晩。



旨味が凝縮して、




美味しいサバ味噌になりました。

ごはんがごはんがすすむくんです。


リン先生に本格飲茶を習う
皆さんのリクエストが多かった「飲茶」

今日の「おうちでかんたん台湾家庭料理」は

満席の大人気。

当日の朝ギリギリまで申し込みがありました。



お下げ髪が可愛いリン先生。

とっても丁寧に教えてくださいます。



同じ生地から、3種類の饅頭が完成。

お粥も本格的です。



次回の「おうちで簡単台湾家庭料理」は

12月18日火曜日です。

手作り栗の渋皮煮工房2018


先日突如、このブログと

メールマガジンで告知をさせていただきました

「手作り栗の渋皮煮工房」

すぐに満席になり、たくさんの方に

キャンセル待ちをしていただくといううれしい悲鳴。


そして、さーーてやるぞ!と思ったら

台風がやってくるということで

慌てて栗の確保をカネハラ青果さんにお願いしました。


今年は栗がとても大きかったことと

なぜだか栗の鬼皮がむきやすくて、

昨年苦労された方からも大好評。



そして皆さんにひつこくお伝えしていたのは、

「勝利の秘訣は、渋皮の筋取りは深追いしないこと。」

そのかいあってか、ほぼ粉砕されることなく

お持ちかえりいただけました。

こちらも安堵しました。


栗が大きいのはうれしいけれど、

唯一の欠点は、

どんなに大きくても一口でパクっと食べてしまうので、

すぐになくなっちゃうということです。

何しろ手間暇かかっておりますから、

栗の渋皮煮を食べる方は

十分に味わって、作った方に感謝しながら

召し上がっていただくようお願い申し上げます。



来年も栗があったら開催しますね!

さばき方の最難関 鱧の開きと骨切り


今日の山嵜先生のさばき方教室は

中央市場の料理教室「魚のさばき方コース」の最難関

ステップ6の「鱧(はも)」です。



〆てあってもかみつかれそうです。


皆さん、集中して取り組んでおられましたので、

鱧の骨を切る「シャっ、シャっ、シャっ、シャっ」という音だけが

教室内に響いていました。




山嵜先生の出来上がりは

すべて同じ幅で皮のギリギリまで包丁が通っていました。

さすが。(写真は寄りすぎ)




湯引きにして、梅肉で召し上がっていただきました。




次回の山嵜先生の講座は

10月22日から「魚のさばき方と魚料理のコツ〜ステップアップ編」

お楽しみに!



ブログ