カレンダー

<<前月 2019年03月 次月>>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

ブログとは

ブログイメージ

このブログでは、市場の中を歩き回って見つけた旬の食材や旨いもん、市場で働く人達のちょっといい話やオモシロイ話。中央市場の料理教室の様子、そしてちょっぴり自分の思いや個人的な近況などなど思いつくままに随時更新していきます。 神戸の市民のみなさんと中央市場の人たちとをつなぐような楽しいブログになればいいなと思っています。

ブログとは

性別:女性
血液型:O型
性格:おおざっぱ
趣味:自転車とダイエット
中央市場のPR、料理教室の企画・運営などを行っているマーケットピア神戸株式会社の担当者です。

ブログ

目からウロコのフルーツ健康学


前回2015年にもお越しいただいた

中野瑞樹先生の講演会。

99.7パーセント果実のみの食生活を送りながら

身体を張ってフルーツの研究をされています。









中野先生の熱い講義を聞いて、

きっと帰りには皆さん果物売り場に向かわれたことと思います。

おすすめは朝一番に水気の多いフルーツを摂る

「朝イチ水フル」です。


中野先生、ありがとうございました。



魚果菜塾 執念の海老


魚果菜塾、毎月いろんな講師にの方にお越しいただいています。

今回の講師は「中央えび」の山本社長。

前回2013年にお願いして以来、

第二回を切望し、おそらく30回以上お願いしつづけ、

ようやく開催の運びとなりました。

私の執念の勝利です。



桜エビもあるので

過去最多、数えきれない数の海老が

料理教室に運び込まれてきました。


講座の時間はぴったり1時間5秒。

さすがです。素晴らしい。



何やら言い忘れた話もあったようなので、

何を言い忘れたか覚えているうちに第3回をお願いします。

山本社長!本当にお疲れさまでした!

和歌山から春を連れて
毎年春になると

和歌山県の美味しい果物の紹介にきてくださる

JA紀の里さん。



今年は驚くような大きなキウイを引っ提げて

栄養は選び方、新しいたべ方など

盛りだくさんのお話と試食で、大変勉強になりました。


キウイの種って800個以上あるんだって!



また来年もお待ちしております。


岩本社長のあんこうの魚果菜塾


この野性味あふれる風貌のどこから、

美しく上品な身質が想像できましょうか・・。


今日の魚果菜塾は

「プロに学ぶ鮟鱇(あんこう)」




岩もっちゃん改め

「魚潮水産」岩本社長の

見事な鮟鱇さばきと

年々上達するトークであっという間1時間。

最後に岩本社長おすすめの「あんこうキムチ鍋」で締めました。



次回の魚果菜塾は2月15日

沖永良部島の馬鈴薯です。

過去最大級のスケールで柚子の魚果菜塾


今日の魚果菜塾は「高知県の柚子」じゃきに。



中野副会長様の柚子の講義の間に

バックヤードでは、

高知県の土佐安芸の柚子農家の奥様8名が

60名分の昼食11品を作りあげるという

戦場のような状態が繰り広げられておったがよ。








試食の量もお土産も過去最大級の

魚果菜塾であったぜよ。

(高知弁は正しいかどうかわかりませんが、

半日シャワーのように浴びていたので、ちょっと身に付きました)




次回は12月13日

「北海道のゆりね」を予定しちゅうーがよ。

こちらは通常バージョンでお送りします。

さばける塾inひょうご
第2回さばける塾inひょうご



昨年のたこにつづき、今年のさかなは「鱧(はも)」









山嵜先生の熱心な講義を聞いて

5倍を超える倍率をくぐり抜けらラッキーな親子さん10組が

鱧のさばきに挑戦します。




獰猛な顔つきと相反して

この白い身の美しいこと。



さばいた鱧は天ぷらと湯引きで

召し上がっていただきました。



最後にととミーも一緒に記念撮影。


また来年もありまーーす!


夏休み小学生親子見学会2018
暑かった!!

でもみんな元気に楽しんでくれました!








魚果菜塾〜和歌山県の新生姜
新生姜の魚果菜塾は、

「ぜひ開催してほしい!!と

リクエストをたくさんいただいておりまして、

70名近いご参加をいただきました。



写真が縦をむいてくれなかった。




お話もたっぷり。



試食もいろいろ。



ご参加の皆さん

和歌山県農業協同組合さん

神果神戸青果さん

お手伝いいただいたみなさん。


ありがとうございました。



灘の酒と魚の肴
魚を使った酒の肴づくしの講座をしたい!!と

ずっと企画を温めておりましたが、

今回灘五郷を代表する酒造メーカー白鶴酒造さんのご協力で、

ようやく実現の運びとなりました。




森先生の魚と調味料のお話、

明石研究室長の日本酒と料理の相性の話、




そして、5種類の酒の肴と

それに合った5種類の白鶴。


初対面の方も同じテーブルでお酒が入ると

数年来の友人のように話が弾みます。

毎月でも開催して〜と嬉しいお声もいただきました。



お土産までご準備いただいた白鶴酒造様

5時間ぶっ通しで調理をしてくださった森先生、

ご参加の皆様、本当にありがとうございました。





そしてスペシャルサンクス、

午後13時10分。

鯛の発注を忘れていたことに気が付いて、

「あああああああああ!!!!」と声にならない声をあげ、

藁をもすがる思いで、水産物組合の事務長さんに電話をし、

こんなことで使うのか!と思いつつ

「一生のお願い!!」をして、

神港魚類のいけすを開けてもらい、

取締役執行役員様に〆て神経抜きをしていただいた

ありがた〜い鯛はこちらです↓









みょうがの魚果菜塾


今日は昨年も大人気だった

食卓の名わき役「みょうが」の魚果菜塾。



早朝5時に高知県を出発して、

土佐っ子みょうがちゃんもやってきました。



みょうがちゃん仁王立ちの図。

本人はにこやかにお客様をお出迎え中だったらしい。




プロジェクターを使って

みょうがの生態のみならず、

高知県の野菜についてもしっかりご説明いただいて、



きょうが農家の奥様が腕を振るっていただいた

試食もたっぷり、お土産もたっぷり。



途中、みょうがちゃんが急に静かになったと思ったら

みるみるしぼんで心配しましたが、

バックヤードでみょうがを食べて、元気に復帰してくれました。


皆様お疲れ様でした〜!!

ブログ