カレンダー

<<前月 2018年11月 次月>>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログとは

ブログイメージ

このブログでは、市場の中を歩き回って見つけた旬の食材や旨いもん、市場で働く人達のちょっといい話やオモシロイ話。中央市場の料理教室の様子、そしてちょっぴり自分の思いや個人的な近況などなど思いつくままに随時更新していきます。 神戸の市民のみなさんと中央市場の人たちとをつなぐような楽しいブログになればいいなと思っています。

ブログとは

性別:女性
血液型:O型
性格:おおざっぱ
趣味:自転車とダイエット
中央市場のPR、料理教室の企画・運営などを行っているマーケットピア神戸株式会社の担当者です。

ブログ

過去最大級のスケールで柚子の魚果菜塾


今日の魚果菜塾は「高知県の柚子」じゃきに。



中野副会長様の柚子の講義の間に

バックヤードでは、

高知県の土佐安芸の柚子農家の奥様8名が

60名分の昼食11品を作りあげるという

戦場のような状態が繰り広げられておったがよ。








試食の量もお土産も過去最大級の

魚果菜塾であったぜよ。

(高知弁は正しいかどうかわかりませんが、

半日シャワーのように浴びていたので、ちょっと身に付きました)




次回は12月13日

「北海道のゆりね」を予定しちゅうーがよ。

こちらは通常バージョンでお送りします。

さばける塾inひょうご
第2回さばける塾inひょうご



昨年のたこにつづき、今年のさかなは「鱧(はも)」









山嵜先生の熱心な講義を聞いて

5倍を超える倍率をくぐり抜けらラッキーな親子さん10組が

鱧のさばきに挑戦します。




獰猛な顔つきと相反して

この白い身の美しいこと。



さばいた鱧は天ぷらと湯引きで

召し上がっていただきました。



最後にととミーも一緒に記念撮影。


また来年もありまーーす!


夏休み小学生親子見学会2018
暑かった!!

でもみんな元気に楽しんでくれました!








魚果菜塾〜和歌山県の新生姜
新生姜の魚果菜塾は、

「ぜひ開催してほしい!!と

リクエストをたくさんいただいておりまして、

70名近いご参加をいただきました。



写真が縦をむいてくれなかった。




お話もたっぷり。



試食もいろいろ。



ご参加の皆さん

和歌山県農業協同組合さん

神果神戸青果さん

お手伝いいただいたみなさん。


ありがとうございました。



灘の酒と魚の肴
魚を使った酒の肴づくしの講座をしたい!!と

ずっと企画を温めておりましたが、

今回灘五郷を代表する酒造メーカー白鶴酒造さんのご協力で、

ようやく実現の運びとなりました。




森先生の魚と調味料のお話、

明石研究室長の日本酒と料理の相性の話、




そして、5種類の酒の肴と

それに合った5種類の白鶴。


初対面の方も同じテーブルでお酒が入ると

数年来の友人のように話が弾みます。

毎月でも開催して〜と嬉しいお声もいただきました。



お土産までご準備いただいた白鶴酒造様

5時間ぶっ通しで調理をしてくださった森先生、

ご参加の皆様、本当にありがとうございました。





そしてスペシャルサンクス、

午後13時10分。

鯛の発注を忘れていたことに気が付いて、

「あああああああああ!!!!」と声にならない声をあげ、

藁をもすがる思いで、水産物組合の事務長さんに電話をし、

こんなことで使うのか!と思いつつ

「一生のお願い!!」をして、

神港魚類のいけすを開けてもらい、

取締役執行役員様に〆て神経抜きをしていただいた

ありがた〜い鯛はこちらです↓









みょうがの魚果菜塾


今日は昨年も大人気だった

食卓の名わき役「みょうが」の魚果菜塾。



早朝5時に高知県を出発して、

土佐っ子みょうがちゃんもやってきました。



みょうがちゃん仁王立ちの図。

本人はにこやかにお客様をお出迎え中だったらしい。




プロジェクターを使って

みょうがの生態のみならず、

高知県の野菜についてもしっかりご説明いただいて、



きょうが農家の奥様が腕を振るっていただいた

試食もたっぷり、お土産もたっぷり。



途中、みょうがちゃんが急に静かになったと思ったら

みるみるしぼんで心配しましたが、

バックヤードでみょうがを食べて、元気に復帰してくれました。


皆様お疲れ様でした〜!!

完全養殖本マグロのすべて


今日は休市日ですが魚果菜塾。

「完全養殖本マグロのすべて」


完全養殖本マグロ「つなぐ」を手掛ける株式会社極洋の佐田所長と

中央市場マグロ専門仲卸 魚半の北條社長がタッグを組んでの

年に一度のスペシャル企画です。



今日やって来たのは56キロの本マグロ。

日ごろは従業員の方がマグロをさばくことが多いそうで

北條社長は、今年初のマグロ解体だったらしい。

もちろん、最初の刃を入れるとこさえわかったら

あとは見ないでもさばけるそうです。




佐田所長がマグロについてのお話してくださっている間、

キッチンでは

北條社長が柵どりして、ネタを切り、

近所のお寿司屋さん「生駒」の大将が、

300貫のお寿司を握り続け、

スタッフがユッケとねぎまとおすましを作って、

まさに煙があがりそうなほどのフル稼働で、

皆さんのマグロ尽くしの昼食を作っておりました。






やはり完全養殖本マグロは、

もちろん餌がたくさん必要だし、

大きくなるのは全体の1パーセント。

皆さんの食卓に

たくさん手ごろな価格で届くようにと

試行錯誤を重ねておられるご苦労がよーーーくわかりました。

最後には、カマやホホ肉、脳天などの希少部位のプレゼント大会もあり

大盛り上がり。


北條社長、佐田所長、生駒の大将、運営協議会の青山さん、

ご参加の皆さん

ありがとうございました。








ウエカツさんの講演会


魚の伝道師「ウエカツさん」こと上田勝彦さんの講演会

日本人の魚離れを危惧し

魚食の復興を熱く語るウエカツさんに

ぐいぐい引き込まれていく講演会でした。

二部構成で総勢100名分の試食づくりにバタバタでしたが

無事に終わってホッ。




また、来てくださーーい!



魚果菜塾「和歌山のはっさく」


今日の魚果菜塾は、

毎年お越しいただいているJA紀の里さんの

美味しいフルーツシリーズ「八朔(はっさく)」



講師の赤井さんのやさしい語り口で、

すっかりはっさくのとりこになってしまいます。






試食もたくさんご用意してくださいました。


来年もお待ちしてまーす!



次回の魚果菜塾は4月18日

絶対来た方がいいと思う、

空前絶後の「完全養殖本マグロ」です。

知ってそうで知らない豆腐の小話


今日の魚果菜塾は、

創業大正14年

豆腐一筋ヤマヨ山本商店の4代目社長

山本哲士さんを講師にお迎えして

「豆腐」を深堀りする初の試み。


木綿と絹濾しの違い

国産大豆と外国産大豆の違い

高価な豆腐とリーズナブルな豆腐の違い・・

なんで京都の湯豆腐は美味しいような気がするんだ!!など

豆腐にまつわるいろんな謎が一気に解明して

スッキリ。





試食は、産業廃棄物でありながら

カルシウムも摂取出来て、そのうえお安く手に入る

オカラ押しでご用意しました。



「ヤマヨ山本商店」さんのホームページはこちら→★★★

ブログ