カレンダー

<<前月 2018年02月 次月>>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    

ブログとは

ブログイメージ

このブログでは、市場の中を歩き回って見つけた旬の食材や旨いもん、市場で働く人達のちょっといい話やオモシロイ話。中央市場の料理教室の様子、そしてちょっぴり自分の思いや個人的な近況などなど思いつくままに随時更新していきます。 神戸の市民のみなさんと中央市場の人たちとをつなぐような楽しいブログになればいいなと思っています。

ブログとは

性別:女性
血液型:O型
性格:おおざっぱ
趣味:自転車とダイエット
中央市場のPR、料理教室の企画・運営などを行っているマーケットピア神戸株式会社の担当者です。

ブログ

いかなごのくぎ煮 2018


ほんの数年前まで、

冷蔵庫がパンパンになるほど、

あちこちからくぎ煮をいただいていて、

「もうくぎ煮はええわぁ〜」などと思っていたバチが

数年越しで巡って来たのか。


今日のいかなごは、キロ単価がマグロ並。




でもこの香りには本能でそそられる。




大田道場 カニカニ祭り


今日の天地の会料理道場は、

カニカニエクスプレスに乗ることなく

山陰の蟹を満喫していたける超お得な

カニカニ祭りとなりました。




カニとともに(?)山陰からやってきた

またもや成長の清水料理長。




これ、旅館で食べたらいくらするかしらって、

ついつい考えてしまうほどの

豪華蟹づくしでした。




次回は3月27日

大田軍団若きエースの

あわじ海上ホテル間宮料理長です。




いかなご解禁 2018 ドキュメント
ここ2年ほどは3月を過ぎての解禁でしたし、

先週まで結構寒かったので、まだまだ先かと油断をしてたら、

金曜日に今日(26日)の解禁が決まって、

神戸にいかなごの季節がやってきました。





船がきたぞーーー!



船が着くぞーー!



いかなごが載ってるーーー!



船からおろして・・



モートラに載せて、



セリ場の移動。

今年の最初のせりなので、

市場中の仲卸さんが集まってきて見守ります。



せりが始まり、



瞬く間に競り落とされて、

お店の番号が書かれた札が置かれます。



今日の大きさはこんな感じ。

あっという間にれくらいのの距離からでも

いかなごの顔がわかる大きさになります。



今年は昨年よりは若干買いやすいお値段です。

相変わらず手に入れるのは大変ですが、

神戸人のソウルフード、

くぎ煮がなくっちゃ春が来ない!!



手作り柚子茶工房


今日は山根青果の

なんとも上品な物腰の素敵な奥様にセレクトしてもらった

きれいで大きな柚子を使い、手作り柚子茶工房。



今日の作業と言えば、柚子の白い筋を丁寧にとり

ただただ刻むだけなのですが、

料理教室が柚子の香りで包まれて、

なんともしあわせ気分。



1週間後にはこんな感じ。



スタッフが、朝、来てから皆さんのためにと

ちゃっちゃと焼いてくれた

柚子茶パウンドケーキも好評でした。





次回の手作り工房は

3月13日のジャム。

残席わずかにございます。

魚づくしの料理教室


今日は

ピュアホワイトでノンスタチックな森先生の

魚づくしの料理教室。




先日の魚河岸デーの際

イオンで開催した牡蠣小屋でも使用した

辻ちゃんオススメ、地御前の牡蠣で

プリプリ牡蠣フライと



東田さんセレクトのイワシを使った

オイルサーディン。



そしてまたまた辻ちゃんのハマグリと

豪華なラインナップ。


おさかな満喫いたしました。


次回は3月22日

桜鯛の塩釜焼他です。

旬の野菜を上手に生かす家庭の和食


今日は野菜ソムリエプロ河内先生の

「旬の野菜を上手に生かす家庭の和食」


野菜の美味しさを最大限に引き出した

やさしいお味の心和むお料理の数々に

幸福感を感じます。



身近で手に入る材料で

和食店のような逸品が楽しめるとあって、

リピーターの方もかなり増えました。



次回は4月24日

春爛漫のメニューです。

がんちゃん鯛で魅せるショー


今日のがんちゃんの講座は

いつもと趣向を変えまして

料理をしない料理教室といいますか

見て食べるだけの新しい試みでございます。



がんちゃんのお店は

鉄板囲んで6名入ると満席なので、

ほぼほぼ、いつものお店の営業的な感じで

がんちゃんがガンガンしゃべって、作って、

召し上がっていただきました。








次回は3月20日火曜日

通常の料理をする料理教室です。




ととミー市場紀行 〜魚河岸デー編
第2回のととミーの市場紀行は、

本日開催の魚河岸デー。




ととミーが分身の術を使い、

魚河岸デーの様子をレポートします。





冬の鍋祭りコーナーの準備が着々と進んでいるころ、



ととかな隊がお客様をお出迎え。

たくさんの子供たちと写真も撮りました。


塩干くじは長蛇の列。

模擬セリも競り人さんの楽しいトークで大盛り上がり。

仲卸の店舗では、






美味しい魚が、どんどん売れていきました〜!



このあとイオンモールでは

水産物卸組合青年会の牡蠣小屋が大盛況。

牡蠣小屋は明日もありまーす!!



ということで、みなさんお疲れ様でした!

次回のととミー紀行もお楽しみに!





旬を生かす重ね煮教室 
森先生の「旬を生かす重ね煮教室」

冬のお手当法をじっくりと。




実習は、ココロも身体も喜ぶほっこり料理。

身体の芯からポカポカしてくるのがわかりました。



次回は、3月15日木曜日

新シリーズの重ね煮講座の体験会。


デモと講義を見ていただいて

森先生の重ね煮ランチをご賞味ください。




海を越え 春のささやき やってきた
今日の魚果菜塾は

鹿児島県沖永良部島の「春のささやき」

アローワという品種の馬鈴薯の勉強会です。



皮がうすく、芽が浅く(ほとんどない)

しゃっきっとした爽やかなじゃがいもです。



典型的な日本人顔の私には超うらやましい、

100メートル先からでもわかる、はっきりした目鼻立ちの

沖永良部島の生産者の方々が大勢来てくださって、

生産の方法などのお話、産地の食べ方の話と



試食も3種。



沖永良部島の三味線の演奏もきかせていただき、

そしてなんと久本生産部会長のご厚意で

全員の参加費を肩代わりしていただくという

嬉しいサプライズもあって、

参加者の皆さんも大喜び。


本当にありがとうございました。

来年も来ていただけるとお約束してくださいました。

お待ちしておりまーす!




【今日のおまけ】



お土産の袋のの片隅に押されてた

芋判(?)のしまらっきょ君。

愛嬌満点。



ブログ