海産物の流通経路

神戸市中央卸売市場 神戸海産物卸協同組合では、全国各地でとれる新鮮な海産物を選りすぐり、プロの目利きで選んだ良質なものだけを皆様の食卓へとお届けします。

市場での海産物の流れと安全・安心への取り組み

PM10:00
やじるし
PM10:00
やじるし
PM10:00
やじるし
やじるし
やじるし
AM6:00
トラックなどで、全国各地から運ばれてきた海産物は、新鮮で安全にお届けするために低温卸売場に並べられます。
食品衛生検査所
セリ前から、食品衛生監視員が毎日、市場を流通する食品の衛生監視を行っています。
低温卸売場などでのセリや相対での取引で、卸売業者から買い手である仲卸業者、売買参加者へと、商品が売買されます。
食品衛生検査所
セリや相対で仕入れた商品を店頭で販売する前にも、食品衛生監視員が衛生監視を行います。
食品衛生検査をしっかり受けた商品が販売されるので安心して買っていただけます。
お買い上げいただいた商品がそれぞれの小売店・量販店・百貨店・飲食店へ出荷されます。
市場での流れイメージ

神戸海産物卸協同組合での安心・安全への取り組み

神戸海産物卸協同組合では、皆様に安全安心な食品をお届する為に以下の様な取り組みを行っております。

・ちりめんなど直接素手で検品する商品を入札する前には必ず手洗い、アルコール消毒を行う。
・ノロウイルスやインフルエンザ対策として、消毒液やマスクの常備。
・当組合員の加工商品などは、定期的に食品衛生検査所にて自主検査を実施。
・食品衛生法、JAS法等に基づく表示のチェック。(主に荷受会社が慣行)
・市などの衛生講習会に積極的に参加。
・組合内の現場取引委員による衛生、管理のチェック。
・低温売り場や店舗内冷凍設備を活用し商品の品質管理を行っている。
・仲卸売り場の定期的な徹底清掃。
神戸市食品衛生検査所は、食品流通の拠点である神戸市中央卸売市場本場および東部市場において、せり売り前の食品監視や衛生指 導を実施するとともに、流通食品の衛生検査を実施して、違反食品や不良食品を排除するなど、食品の安全、安心の確保に努めています。
監視指導 くわしくみる 試験検査 くわしくみる 衛生教育 くわしくみる
食品は深夜から早朝にかけて入荷し、4時20分から「セリ売り」が始まります。
「セリ」前から、食品衛生監視員が毎日、市場を流通する食品の衛生監視を行っています。
試験検査は大きく分けて理化学検査と細菌検査を行っています。検査の結果、違反が判明した場合は販売停止・回収・返品・廃棄等の措置を行うとともに関係行政機関への通報を行い、危害防止に努め、違反の再発防止を指導します。 衛生講習会では食品衛生意識の高揚と衛生水準の向上を図るため、検査結果や監視時に気づいたこと、過去の事例などに基づいて腸炎ビブリオ、サルモネラ属菌、黄色ブドウ球菌等細菌性食中毒防止対策を中心とした講習会を開催し、市場を流通する食品の衛生対策の徹底を図っています。
ご連絡・お問い合わせ
神戸海産物卸協同組合
〒652-0844 神戸市兵庫区中之島1丁目1番1号
TEL 078-672-7800  FAX 078-685-0215
メールアドレス