カレンダー

<<前月 2021年08月 次月>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

ブログとは

ブログイメージ

このブログでは、市場の中を歩き回って見つけた旬の食材や旨いもん、市場で働く人達のちょっといい話やオモシロイ話。中央市場の料理教室の様子、そしてちょっぴり自分の思いや個人的な近況などなど思いつくままに随時更新していきます。 神戸の市民のみなさんと中央市場の人たちとをつなぐような楽しいブログになればいいなと思っています。

ブログとは

性別:女性
血液型:A型
性格:おおざっぱ
趣味:パッチワーク
中央市場のPR、料理教室の企画・運営などを行っているマーケットピア神戸株式会社の担当者です。

ブログ

愛媛県野菜親子料理教室
本日は、夏休み親子料理教室です。
テーマは、愛媛野菜でおうちイタリアンです。
愛媛の新鮮野菜を使って3品に挑戦していただきました。

真っ赤なトマトは果肉もしっかりしていてとてもおいしそうです。
茄子は色も濃くつややか、胡瓜もみずみずしいです。
みどりのピーマンと印刷されたパッケージをご存じの方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

最初にJA全農えひめの荻野氏より愛媛県野菜の紹介をしていただきました。


講師は、たけだなおこ先生に来ていただきました。

今日は、たくさんのお野菜を切って頂いました。
自分で作った料理は格別です。


手作りしたパンに愛媛の新鮮野菜とベーコンを挟んでいただきました。
野菜たっぷりのカポナータと胡瓜のサラダ〜ブドウドレッシングと共に
召し上がって頂きました。
いつもは、お子様が、こんなにたくさんの野菜食べないけど今日は、
たくさんいただいたというお話も伺いました。

新鮮な愛媛県野菜をたっぷりいただいて暑い夏を乗り切って下さい。

今日、明日8月1日と料理教室の前のイオンモール南さんで
愛媛県野菜フェアをされています。
是非皆様もお立ち寄りください。
新鮮なお野菜がそろっています。




大田忠道監修「天地の会」料理道場
本日の「天地の会」料理道場は、山之口幸太先生をお迎えしての開催です。

本日は、鰹を使った料理を教えていただきました。
カルパッチョやごはんに至るまですべて鰹です。

塩の振り方、炙り方など丁寧に教えていただきました。



皆さん並んで鰹を炙っていただいております。
1本の鰹を串に打って焼くのは大変なので、半分にして取り組んで
頂きました。
やはり、直火で炙るのが、美味しいです。
又は、トーチバーナーがおすすめです。


プチトマトの飾り方やあしらいのちょっとしたひと手間に
なるほど〜と思うひと時でした。

山之口先生は、愛知県知多半島にあります、THE BEACH KUROTAKEの
調理長をされています。
それまでは、有馬温泉の大田先生の元修行をされて、今日に
至られています。










手作りジャム工房
本日は、手作りジャム工房です。
親子ケーキ教室に引き続きマンゴ―を使います。


今日のマンゴ―も沖縄県産です。




そしてもう一つのジャムはプラムを使いました。
皮ごと一緒に煮込むので真っ赤な色が引き立ちます。
その中に白いアーモンドスライスが浮かんで幻想的に仕上がっています。


バナナとマンゴ―のジャムはとろりと濃厚な味わい、
プラムはさわやかな酸味が引き立ち夏にぴったりの味わいです。



次回は9月16日(木)です。

皆様のご参加お待ちしております。



中央市場の親子ケーキ教室
本日の親子ケーキ教室は、マンゴ―プリンです。
そして今日のマンゴ―は、沖縄県産です。
濃厚な甘みととろける食感は最高です。


短時間でしかも持ち帰っていただきやすいようにと、
日々、考え試作しております。




マンゴープリンとココナッツプリンの2層にさせて頂きました。



正直マンゴ―って買うの勇気いりませんか?
本当においしいのって思ってしまいますよね。
わかりますその気持ち。

今日のマンゴ―大きくて、甘い、濃厚。まちがいなしのおいしさでした。
是非、見かけられたらトライしてみて下さい。





魚果菜塾「こうべ旬菜」
本日の魚果菜塾のテーマは、「こうべ旬菜」です。
こうべ旬菜の中でも年中を通して生産されている小松菜と
今が旬のトウモロコシをご紹介しました。
講師に、JA兵庫六甲 こうべ旬菜部会 平野軟弱野菜部会長
大谷 操氏をお迎えし、小松菜栽培の取り組みなどを伺いました。


皆様、「こうべ旬菜」をご存じですか。
神戸市内で生産され、堆肥による土づくりと化学肥料、化学合成農薬の使用を
通常栽培より1/2以下に低減するなど、消費者の安全・安心や環境保全に配慮
して栽培された野菜です。全18品目あります。
また、神戸市の学校給食にも用いられ、地産地消の取り組みとなっています。

そして、生産者・市場・消費者の距離が近いことが魅力です。新鮮さが違います。
市場でも、毎朝、5時10分から軟弱野菜のセリが行われています。



本日は、小松菜を使った旬菜スープと小松菜とたくあんの炒め物、
そして、朝どれのトウモロコシをご用意しました。

是非、スーパーや小売店で菜菜ちゃんマークをお見かけの際は
ご購入いただければ大変うれしいです。







魚のさばき方と魚料理のコツ〜タコ
本日は、山嵜清張先生の講座です。
この季節、美味しいタコの下処理とおいしい茹で方
刺身、うま煮、タコ胡瓜なども教えていただきました。

デモンストレーション用のタコは、いつも活けダコを使って
〆方などもお伝えしています。
なので、朝から、こんな状態で仲卸さんから仕入れてきました。
写真ではわかりづらくて申し訳ないのですが、じっとこちらを見て
視界に入ると足を動かして、反応します。
先生曰く、視力がよいそうです。

〆た後でも、まだまだ、動くという生命力があります。
魚やさんで購入した後でもまだ動いているときありますよね。



今日は特別に、先生のお店で出されている一品も特別に教えて
いただきました。
ごま油と大葉が香る一品でした。

いづれも、コリコリとしておいしくいただけます。

8月はアジのさばき方、鯛のさばき方をさせて頂きます。
9月は、太刀魚と鯛のさばき方と料理編を計画しております。

皆様のご参加お待ちしていおります。




シェフに学ぶ本格イタリア料理
本日は垂水にあるイタリアンレストランAeBのシェフ中田先生の講座です。
茄子のキャビア仕立て、アクアパッツァ、グリッシーニ、
豚肉インボルティーニです。





茄子のキャビア仕立ては、トマト、玉ねぎ、ナスを重ねてオーブンで焼きます。
この焼き加減、水分の飛ばし方が後の作業にもつながる大切な工程です。
単なる焼きナスとは違うそうです。


この後、オーブンで焼き上げた野菜をペースト状にしたものを豚肉で巻いていきます。
野菜のうまみが凝縮されたペーストは、なんとも言い難いおいしさです。


オーブンで焼く、巻いて焼く、煮詰める、さらに煮詰める!!
今日の料理なんか地味ですね。なんてシェフは言われおりましたが、
そんな地味な(失礼しました!!)工程を経ているからこそ
なんとも滋味深い味わいになるのだと実感しました。

グリッシーニもパルメザンチーズの香りが香ばしく、ポリポリと止まりません。


アクアパッツァもドライトマトやオリーブ、あさりなどうまみが凝縮されています。
調味料の使い方、味の決め方などいろいろ盛りだくさんな講座となりました。
シェフお手製のパンを添えていただきました。

次回は、10月15日を予定しています。












旬の魚の料理教室
本日は、森貴子先生の旬の魚の料理教室です。
メニューは、鱧とズッキーニのフリット、タコのラタトゥイユ、
スズキのカルパッチョです。




タコのラタトゥイユは夏野菜をふんだんに使って作ります。
タコのうまみと野菜の味が重なりあって優しいお味に仕上がっています。
先生曰く、明日の方がもっと味がなじんでおいしいそうです。

フリットは、ふわふわに仕上がっていました。
ラタトゥイユは、今日でもとてもおいしいのに、明日になったら、
どうなるのと、思わせます。
スズキもこの時期おいしい魚です。
是非とも、色々なお料理に使って下さいね。



今日は、生ダコを教室で湯がきました。なので、どんな具合の固さに茹でてあるかも
皆さんに味わっていただきました。


次回は、鰯の山椒油煮・つみれ汁・小鯵の焼き南蛮漬けです。
鰯の扱い方など丁寧にお伝えします。
是非、ご参加下さい。











からだ想いのしあわせごはん
今日は、吉田より子先生のからだ想いのしあわせごはんです。
中華料理でおなじみの割包(クワパオ)から手作りしました。
そして、海老チリ、青椒肉絲、チキンダックなど、クワパオに
挟んでいただくと味のバリエーションが広がります。


クワパオを作るという発想は、吉田先生ならではです。
そして、今日のニンニク、ショウガ、ネギをふんだんに
使った料理の数々には、訳があり、いわゆる薬味と呼ばれる
3種には免疫力をアップする効果があるそうです。
この時期、ありがたいお話です。


華やかな盛り付けに元気が湧いてきます。

次回は、8月10日(火)です。

次回も、色々手作りする楽しい内容に
なっております。
皆様、お楽しみに!!


シェフに学ぶ本格フランス料理
本日は、はじめての開催。シェフに学ぶ本格フランス料理です。
講師は、二宮筋商店街で営業されています、haneruべラミのシェフ、石飛輝久先生です。

3種類のドレッシングをご提案していただき、それぞれお料理に
展開していただきました。
一つ一つの材料の切り方や、盛り付け方のコツなど満載です。

この時期おいしい鰹のタタキには、ラズベリーのドレッシングを合わせて
味も香りも楽しめる一皿になっています。

赤ワインの煮込みも、随所に取り入れたいワンポイントアドバイス
があり、お料理のコツとおいしさを届けたいというシェフのお気持ちが
伝わりました。
初夏の食卓にさわやかな色彩で彩られたお料理に癒される時間と
なりました。

次回は、9月を予定しています。
詳しくは、7月下旬のホームページにてにご確認下さい。







ブログ