鮮魚一般・淡水魚・貝類 等、幅広く取り扱う〝神戸水産物卸協同組合〟

組合概要

「市民の台所」
神戸市中央卸売市場本場は、昭和7年12月に全国で第5番目の中央卸売市場として開設されましたが、歴史は古く寛政8年(1796年)の摂津名所図会に兵庫津での活魚の扱い「兵庫生洲」が紹介されており、生きた鯛やハモやスズキが、京都御所への献上に使われておりました。

現在、神戸市中央卸売市場本場には、毎日新鮮な水産物が播磨灘をはじめとする国内はもとより世界の海から届いており、天然魚、養殖魚とも豊富な魚種が揃っています。

私たちは、時代は変わっても、美味しいお魚を市民の皆さまにお届けすることを第一に努めております。今後も是非、当卸売市場の「おさかな」をご愛顧いただきますよう、よろしくお願い申しあげます。

神戸水産物卸協同組合とは

神戸市中央卸売市場本場には日本国内はもとより、世界中から毎日多くの生鮮食料品が入荷してきます。早朝、卸売業者(大卸)によって集荷された新鮮な魚が次々に並びます(上場)。そして上場された大量の品々を、品質をよく見定めたうえで値を付け(評価)、せり落とし、小口に分けて(分荷)、鮮魚店や寿司・料理店等へ販売する・・・・その役割を果たしているのが私たち『仲卸(なかおろし)』です。
私たちは、市民の皆さまの代表者として安全でおいしいお魚を選び、適正な価格で、早く皆さまにお届けできるように、生鮮品流通の要としての誇りを持って働いています。

神戸水産物卸協同組合の活動

専門部会

私たちがそれぞれ専門とする魚種別に9つの専門部会を設置し、専門的知識の習得や、取引の円滑な運営を図っています。

神戸おさかな普及協会

神戸市民への魚食普及をすすめるために、料理教室や地下鉄駅へのPRパネル設置などをおこなっています。水産系卸売会社3社、神戸海産物卸協同組合と共同で昭和62年に設立されました。

専門部会

私たちの仕事の糧(生業)、そして市民の皆さまの健康の食物である「海の幸」に敬意をもって供養するとともに感謝を表すため、平成4年に「魚に感謝之碑」を建立。以来、次代に感謝の気持ちを継承するために毎年一度、お魚感謝祭を開催しています。

専門部会

神戸おさかな普及協会

経営者、従業員を問わず若手市場人で構成される青年会は、会員相互の親睦・資質向上・他団体との交流・魚食普及活動等を目的とし、多彩な活動をしています。

美味しいおさかな、いっぱい食べてますか?

今、世界的に日本食ブームといわれ、 とりわけ健康食品として「おさかな」が見直されております。

私どもは、美味しいお魚を新鮮なまま食卓へお届けして、神戸市民の健康な食生活を支えています。また料理教室やイベントに参加し、普及活動を通じ食育にも努めております。

Copyright(c) 鮮魚一般・淡水魚・貝類 等、幅広く取り扱う、神戸水産物卸協同組合. All Rights Reserved.