カレンダー

<<前月 2021年06月 次月>>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

ブログとは

ブログイメージ

このブログでは、市場の中を歩き回って見つけた旬の食材や旨いもん、市場で働く人達のちょっといい話やオモシロイ話。中央市場の料理教室の様子、そしてちょっぴり自分の思いや個人的な近況などなど思いつくままに随時更新していきます。 神戸の市民のみなさんと中央市場の人たちとをつなぐような楽しいブログになればいいなと思っています。

ブログとは

性別:女性
血液型:A型
性格:おおざっぱ
趣味:パッチワーク
中央市場のPR、料理教室の企画・運営などを行っているマーケットピア神戸株式会社の担当者です。

ブログ

 

旬の魚の料理教室
本日は、森貴子先生の旬の魚の料理教室です。
メニューは、鱧とズッキーニのフリット、タコのラタトゥイユ、
スズキのカルパッチョです。




タコのラタトゥイユは夏野菜をふんだんに使って作ります。
タコのうまみと野菜の味が重なりあって優しいお味に仕上がっています。
先生曰く、明日の方がもっと味がなじんでおいしいそうです。

フリットは、ふわふわに仕上がっていました。
ラタトゥイユは、今日でもとてもおいしいのに、明日になったら、
どうなるのと、思わせます。
スズキもこの時期おいしい魚です。
是非とも、色々なお料理に使って下さいね。



今日は、生ダコを教室で湯がきました。なので、どんな具合の固さに茹でてあるかも
皆さんに味わっていただきました。


次回は、鰯の山椒油煮・つみれ汁・小鯵の焼き南蛮漬けです。
鰯の扱い方など丁寧にお伝えします。
是非、ご参加下さい。











からだ想いのしあわせごはん
今日は、吉田より子先生のからだ想いのしあわせごはんです。
中華料理でおなじみの割包(クワパオ)から手作りしました。
そして、海老チリ、青椒肉絲、チキンダックなど、クワパオに
挟んでいただくと味のバリエーションが広がります。


クワパオを作るという発想は、吉田先生ならではです。
そして、今日のニンニク、ショウガ、ネギをふんだんに
使った料理の数々には、訳があり、いわゆる薬味と呼ばれる
3種には免疫力をアップする効果があるそうです。
この時期、ありがたいお話です。


華やかな盛り付けに元気が湧いてきます。

次回は、8月10日(火)です。

次回も、色々手作りする楽しい内容に
なっております。
皆様、お楽しみに!!


シェフに学ぶ本格フランス料理
本日は、はじめての開催。シェフに学ぶ本格フランス料理です。
講師は、二宮筋商店街で営業されています、haneruべラミのシェフ、石飛輝久先生です。

3種類のドレッシングをご提案していただき、それぞれお料理に
展開していただきました。
一つ一つの材料の切り方や、盛り付け方のコツなど満載です。

この時期おいしい鰹のタタキには、ラズベリーのドレッシングを合わせて
味も香りも楽しめる一皿になっています。

赤ワインの煮込みも、随所に取り入れたいワンポイントアドバイス
があり、お料理のコツとおいしさを届けたいというシェフのお気持ちが
伝わりました。
初夏の食卓にさわやかな色彩で彩られたお料理に癒される時間と
なりました。

次回は、9月を予定しています。
詳しくは、7月下旬のホームページにてにご確認下さい。







魚のさばき方教室【最上級コース】〜鱧
今日は、山嵜清張先生のさばき方教室です。
最上級コースの鱧です。

活け鱧の神経抜きも教えていただきました。


でもご安心下さい。皆さんのさばいていただく鱧は、
朝に〆ております。決して噛んだりしませんから。


でも、さばいていただくのは、お一人様3匹です。

でも、念のため、そして手が滑らないようにと手袋
をしていただきます。

そして、さばきたて鱧は、湯引きと、唐揚げにして召し上がって
頂きました。

フワフワとした身は、酢味噌をつけて。
天婦羅にハモフライ、南蛮漬け、鱧寿司。
これからがおいしい鱧をどうぞ召し上がって
下さいね。

次回は7月5日(月)です
魚さばき方教室〜ヒラメの5枚おろしです。











市場のさかなごはん
今日の市場のさかなごはんのテーマは、イサキです。
この時期、美味しいイサキをアサリや旬の野菜と一緒に
ホイル焼きにしました。

そして、北井先生の楽しい講座つきです。

みんなに、詳しくイサキのこと、イサキが何を食べているのかなど
盛りだくさんのひと時です。

イサキって本当にかわいい顔しています。
そして、お味も最高です。

味付けは塩だけなのに、アサリや野菜と相まっておいしく仕上がりました。
残ったお汁にご飯を入れてチーズをかけて即席リゾットとして召し上がって
頂きました。これがまたおいしいです。
デザートにはビワをご用意しました。


また、おうちでも作って下さいね。

次回は8月7日(土)の予定です。
いつもは、おうちの方と一緒に取り組んでいただいてますが、
夏休みでもありますので、小学生限定で、一人でしていただく
計画をしています。






中央市場の親子ケーキ教室
本日は、ブルーベリーのアイシングケーキを作りました。

とてもシンプルなお菓子のように見えますが、フレッシュなブルーベリーと
プチプチとした食感のポピーシード入りフワフワの生地が相性よく仕上がってます。


生地の泡立て具合などテーブルに回り、確認もさせていただきます。




仲の良い姉妹、肩寄せ合ってかわいくアイシングに取り組んでいらっしゃいます。



仕上げにアイシングをしましたが、いつも思うのですが、本当に少量の水で溶いてるんですよね。
トローンと流れるようなアイシング奥が深いです。

次回は、7月17日マンゴ―プリンです。
ご参加お待ちしております。




魚のさばき方と魚料理のコツ〜甲いか
本日は、山嵜清張先生の【魚のさばき方と魚料理のコツ〜甲いか】です。

甲いかは、はりいか、すみいかとも言われ、甲羅状の骨が
背部の外套膜のところにあります。
また、学名に"Sepia"とあり、墨のことを表し、かつてインクとしても使われて
いたとか。その色合いをセピア色というそうです。



今日のイカもものすごく大きく、先生が手に取られた時も
生きておりました。


そして、イカからこんな甲羅状のものが出てきます。
甲いかの由縁です。

しかも皮も4枚あり下処理は、大切です。
山嵜先生の丁寧な指導により、薄い皮も処理でき、だんだんと
刺身、酢味噌和え、軟骨の唐揚げへと仕上がっていきます。

スーパーなどで、見かけるけど、どうやって処理すればよいかわからない
そんなジャンルに甲いかは、入っていませんか?

今日は、そんなことが一気に解消された講座となりました。


自分で作った刺身に一杯やりたいわー!!
とおっしゃるお客様もいらっしゃいました。
どうぞ、おうちでお楽しみ下さいませ。

次回は、6月21日(月)ハモです。





魚果菜塾「鳥取のらっきょう」
お久ぶりです。
6月からよろしくお願いします。
本日は、今しか手に入らないらっきょうのご紹介です。
JA全農とっとり大阪事務所の松村所長にお越し頂き、
とっとりのらっきょうをご紹介いただきました。


らっきょうの栽培や栄養の紹介から「かんたんらっきょう漬け」までデモンストレーション頂きました。

さて、らっきょう漬は少々下処理が大変ですが、それさえ済めば、そのあとは、さっと終わる
簡単漬けは、お手軽で毎年つけたくなります。



そして、ご試食いただいたのは、生らっきょうをフライパンで焼いてから味噌ダレをかけた焼きらっきょう、
甘酢漬けにしたらっきょうを豚肉で巻いたらっきょうカツ、らっきょうタルタルソース、そして、
5月11日に漬け込まれた簡単漬のらっきょうをご用意しました。
生らっきょうは、はじめてたべました。味噌ダレとよくあって、おつまみにも最高です。
らっようカツはお弁当のおかずにもピッタリです。

あと、2週間位で終わってしまうようです。
皆さん、らっきょう漬にトライしましょう。


本日は、鳥取つながりでもう一つ。
倉吉のスイカが、初せりでした。

梅雨とは言え、毎日暑いとスイカが食べたくなります。

お見掛けの際は、是非ともお願いします。





開催決定しました。
5月に延期になりました「こうべ旬菜」
7月13日(火)になりました。

よろしくお願いします。





ブログ